MENU

【徹底調査】キャピキシル&ピディオキシジルの育毛効果をエビデンスから探ってみた!

 

フィンジアの最大の売りと言ってもいい配合成分のキャピキシルとピディオキシジル。

 

キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果!ピディオキシジルは副作用のないミノキシジル!ということで話題になっていますが、本当にそこまでの効果あんの?とちょっと疑ってしまうのが正常だと思います。

 

私も実際に効果が出ていなければ嘘ばかり書いてるぜーと非難するところですが、今では納得せざるをえません。

 

ただ、私にはたまたま効果があっただけという可能性もあります。当然。

 

ですので、このフィンジア2大成分のエビデンスを詳しく調査し、他の人にも効果的なことが証明されているのかを見ていきたいと思います。

 

キャピキシルってどんな成分?

まずはメイン成分であるキャピキシルから。

 

キャピキシルはカナダの化粧品メーカーが開発した「アセチルテトラペプチド‐3」「ビオカニンA」という2つの成分からできています。

 

それらの成分の効果がコチラ。

 

アセチルテトラペプチド‐3

この成分は細胞の修復機能を持つ成長因子です。その効果によって、異常が起こっている髪を正常化してくれます。

 

この効果がミノキシジルの3倍と言われていて、実際の実験でも次のような結果が出ています。

 

 

この実験は、培養された毛母細胞にミノキシジルとアセチルテトラペプチド‐3をそれぞれ加えた場合の細胞活性率の違いを比べています。

 

その結果アセチルテトラペプチド‐3が156%と、ミノキシジルの52%のちょうど3倍というものでした。

 

さらに実際の発毛力に関する実験結果がコチラ。

 

 

この実験は成人男性30人に偽薬とキャピキシル配合のローションを4ヵ月間使用したものです。

 

上が使用前、下が使用後となっていて密度が濃くなっていることが確認できます。

 

そして偽薬を使用したグループの男性は髪の量の変化が見られず、思い込みによるプラシーボ効果による変化ではないと証明されています。

 

 

最後に成長期を休止期の髪の本数変化についての実験。

 

 

こちらの実験では、偽薬を使用いたグループでは成長期の髪が2%減り休止期の髪が23%増えたのに対し、キャピキシルを使用したグループは成長期の髪が13%増え休止期の髪が29%減少しています。

 

つまり、キャピキシルはヘアサイクルを正常に戻す効果があった、プラシーボ(思い込み)によるものではないということが証明されたわけです。

 

このことから、キャピキシルに発毛促進効果と抜け毛予防の効果が備わっていることが分かります。

 

ビカニオンA

この成分は男性型脱毛症の原因である5αリダクターゼを抑える働きがあり、抜け毛を減らす効果があります。

 

医薬品のプロペシアと同じ効果を狙ったものです。

 

その効果がどの程度のものなのかを実験しているデータがコチラ。

 

 

この実験では抜け毛の原因となる物質である酵素がどれだけつくられたかを測定しています。

 

つまり「どれだけ抜け毛を抑制できるか?」という実験です。

 

結果ビカニオンAがEGCG(ただのポリフェノール)を大きく上回る結果を出しています。

 

ピディオキシジルってどんな成分?

ピディオキシジルはミノキシジルにかなり近い分子構造を持った成分です。

 

左がピディオキシジル、右がミノキシジル

 

まさにそっくりです。
違いに気付かないレベルですね。

 

この極めて近い分子構造によって、同じ効果を発揮すると言われているんですね。

 

しかも分子構造が変わっているため副作用は無くなっているという優秀さ。

 

そんなピディオキシジルの効果は次の3つ。

 

血管拡張作用

このミノキシジルと同じ効果によって血流を良くし、健康な頭皮にしていきます。さらに配合成分をしっかりと浸透させる効果も。

毛母細胞の活性化

ピディオキシジルは直接毛母細胞に作用して細胞分裂を促します。これにより毛包が大きく成長し、丈夫な髪が生えてくるようになります。

毛母細胞の復活

ピディオキシジルの成長因子によって休止状態の毛母細胞を復活させてくれます。いくら有効成分が届いても眠っていては意味がないですからね。

 

 

次にピディオキシジルを使った実験データですが、実はたった1つしかありません。
コチラがそのデータです。

 

 

この実験ではマウスに投薬し、線維芽細胞を低下させ毛を少なくします。

 

その状態のマウスにミノキシジルとピディオキシジルをそれぞれ投与し、どのくらい回復するのかを比較観察しています。

 

表が小さく見づらいかもしれませんが、ピディオキシジルがミノキシジルとほぼ同等かそれ以上の回復効果を見せているのが分かります。

 

 

ですが、人体での実験でなくマウスによるものであり、これがそのまま人体の頭皮に同じような結果が得られるのか?というと微妙なところでしょう。

 

そもそも何故この実験しか行っていないんだというところですよね。もっとわかりやすく頭皮でもやってみたらいいのに…。

 

なので、ピディオキシジルに関してはエビデンス自体少し薄いというか、悪い言い方をするときな臭い…感じもしますw

 

もう少し立証データがそろってくると信憑性もさらに深まると思いますねー。

 

キャピキシル+ピディオキシジルのタッグが素晴らしい!

キャピキシルとピディオキシジルのエビデンスを確認してきましたがいかがだったでしょう?

 

キャピキシルのほうはしっかりとしたデータが揃っていて効果も実証されていましたが、ピディオキシジルはちょっと心もとない感じでしたね。

 

ただ、この2つの成分がタッグを組むことによって効果が倍増しているのは間違いありません。自分もしっかりその効果を実感してしまったので、これは自分の中ではほぼ確信しています。

 

キャピシキルの強い育毛効果+5αリダクターゼの抑制効果にピディオキシジルが組み合わさる事で、非常に効率よく育毛ケアができるのではというのがわたしの見解です。

 

ピディオキシジルについては口コミでも賛否ありますが、やはり最後は自分で使ってみるしかありません。

 

気になっているけど口コミを見て躊躇しているって人は一度試してみるほうがいいんじゃないかなと思います。

 

次回予告!→カプサイシンの効果、不穏な噂の真相に迫ります

関連ページ

カプサイシン効果や不穏な噂
フィンジアに配合されている浸透成分カプサイシンの効果を徹底調査してみました。またカプサイシンにまつわる不穏な噂の真偽についても触れています。
フィンジアサプリを他社サプリと徹底比較
フィンジアから新発売されたサプリメントは優秀なのか?他社メーカーの育毛サプリメントと様々な面から比較して考察してみた。

副作用なし!使って良かった育毛剤ランキング

今まで数々の育毛グッズを使ってきましたが、医薬品以外の育毛剤(副作用のない育毛剤)の中で効果のあったオススメの育毛剤をご紹介します!

FINJIA(フィンジア)
今まで使ってきた市販の育毛剤の中では断トツ。使ってみるまでは正直舐めてましたが、実際に使ってみてここまで効果を実感できたのは初めてです。間違いなく歴代一位。
定期価格:9,980円
内容量:50ml 約一ヶ月分
総合評価:
チャップアップ
個人的には育毛剤そのものよりセットでついてくるサプリメントを評価してます。ノコギリヤシや亜鉛、イソフラボンなど育毛に有効な成分もちゃんと含まれていて、この値段はなかなか安いと思います。
定期価格:9,090円
内容量:120ml 約一ヶ月分
総合評価:
ポリピュアEX
ロングセラー育毛剤ですが、やはり個人的にはフィンジアと比べると圧倒的に劣っていると感じますね。ただ安価で量が多いので長持ちします。
定期価格:6,800円
内容量:120ml 約二ヶ月分
総合評価:
このページの先頭へ